takorara.blog

フリーランスデザイナー&コーチのTAKOが仕事や趣味の話を気ままに書いています

「人間万事塞翁が馬」を地でいく今ってすごなぁと思った話

人間万事塞翁が馬

昔作ったアニメをYoutubeにアップしてみました。
このページの最後を見てくださいまし。

 

 

最近ブログを続けて書くなんてめずらしいのだけど、思いついたので書いておこうと思った。

今って「人間万事塞翁が馬」を地でいく時代だなぁと思った話。

 

 

コロナウィルスのニュースや社会の動きについて、

不謹慎な話だけど、世の中がどんどんアップデートしていくのがちょっといいなと思っている。

 

2月頃だったか、
コロナが中国で発生して、その余波が韓国や日本に広がりつつあった時、ヨーロッパやアメリカでは、アジア人が「コロナ、コロナ」と言われて差別を受けている、なんてニュースがやっていた。

知り合いが3月に初めての1人でヨーロッパにいく事になっていて、応援して後押しをしていたのだが、最近、日本人も差別されているようなので、まずいかも... と心配していた頃だ。

 

でもその頃、実は私は、そんな事言っていても、こんな世界中が行き来している状態で、しかも日本と違って衛生的な感覚が極めてゆるい西洋の国なんて、あっという間に広がるだろうなと思っていた。

批判しているワケではない。
日頃は除菌除菌とうるさい日本より、すっごいいい加減だけどなんとかなってる外国の方が住みやすそうだし、多少バイ菌あった方が強くなれると思っているので。

 

で、予感は当たり、その後ヨーロッパやアメリカにも感染者が増えてきて、
...いや、思ったよりというよりも、すごい勢いで広がりだして、死者何万人とかになってきて、これは大変な事になってるなぁとニュースを見ては思うようになっていった。

 

ただ....

テレビなどの、とにかく、恐い、危険、自粛だ!! 
ヨーロッパやアメリカではこうやってるのに、日本は全く遅れている!

... 的な報道にはうんざりしていて、

時々ネットなどに流れる、だけどアジアの感染者数や死者数とヨーロッパやアメリカの数がこんなに違う。
日本の数は圧倒的に低い。

なんて記事には、そうだそうだ、と思っていた。

 

なぜか、アジアでは、感染者が少ない。

日本のやり方はすごく批判されているが、結果的にうまく行ってる。 

実は日本のやり方の方が正しかったんじゃないか。

 

... みたいな。
希望的観測と、アジア人を差別する西洋人へのちょっと優越感も含めて、アジア人優位! ...のような感覚でいた最近。

 

それが、今日はNHKのニュースで、

コロナ対策で非常に優れていたとされていた「シンガポールで、再び感染急増」っていうのを聞いて、あぁ、これは、なんか知らんけど結果的にうまくいってるっぽい日本もこの先わからない。

本当に何がよくて何がだめなのか、どこが優位でどこがそうでないなのか... どんどん入れ変わって変化し続ける今の状態って「人間万事塞翁が馬」を地でいく時代だなぁと思った。

 (NHKニュースより)

シンガポール 新型コロナ感染急増 9割が外国人労働者

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200509/k10012423641000.html

 

今、世界の(日本の)人々の常識が変わるすごい時期を経験している。

 

なんかすごい。

何年かして、振り返ったら、どう思うんだろうなぁ。

 

と思った今日のニュースでした。

 

 

記事を書いてから、そういえば、前「塞翁が馬」のアニメ作ったことがあったなぁ、と思い出して探し出しました。

2013年の終わりに、次は「午年」だ、っていうので馬にちなんだ魚やことわざを入れたアニメ。ちなにみこの声は全部私がやってます😅(声色は変換している)

ボーッとしたすごい気の抜けたアニメですが、よければ見てくださいまし。

 


人間万事塞翁が馬の海の動物アニメ